Be smart, and more comfortable.

|

Service

EV assistant

エレベーターの待ち時間、長いと感じたことはありませんか?


エレベーターを制御しているスケジューリング・アルゴリズム、 直接書き換えることはできなくても、外からサポートすることはできると思います。
このプロジェクトでは久留米工業大学100号館エレベーターのリアルタイム運行状況から搭乗者を最適に振り分けることで、待ち時間の削減を目指します。

詳細はこちら

Technology

Language / Tool

全てのサービスとアプリケーションは
これらのプログラミング言語、 ツールを利用することにより実現しています。
開発環境はMac Book Pro(2016) エディターはIntelliJ IDEA
どのようにして実現しているのか?詳しくは各ロゴの下の詳細から。